窓辺の猫

にゃん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロタ

猫のシロタなんだけれど、実は8日に旅立ちました。
短い間にライムと続いて、正直、しんどかったです。
今日、お休みだったので斎場につれていきお別れをしました。

タマが引き取った猫なので、タマには心を開いているのですが、
私は、なんというのか、
どちらかというと苦手なオバちゃん?(笑)
だけどここの全てを取り仕切っているから
仕方ないから(時々は)かまってやるにゃ

みたいな(苦笑)
だから時々(私にも)見せる天使対応にこころをわし掴みにされるのでした。

猫のご飯の容器、一個、二個、三個と増えていったあと、五個、七個と増えていき
そのあとは三個以下になることはなかったなぁ。
ご飯をとりわけるとき、二つを並べるととたんに寂しさが襲ってくる。
説明や装飾のない寂しさだな。

蓮と番。彼らが向こう側への道を歩き始めるとき
私もまた歳を喰ってる。う~ん、もう嫌だなぁ。

嫌だなぁ…。

シロタ…、おばさんはこんなに早くさよならをいうとは思わなかったにょ。

11205518_522286481273669_5162563382252964649_n.jpg

おばさんも、たまちゃんみたいに、もっと天使対応欲しかったぜぃ。


Comment

マダム半世紀  

No title

大変だったね。
縁のあった子が逝くと、悲しいね~。
タマちゃんは大丈夫?

うん。
ホント嫌だねぇ。
困ったことに、悲しみに耐えられる気がしない^^;
歳を取るとは、こういう事なんだろうか。

シャッキリしないと・・・って思うけど、やっぱり嫌だね~

2015/09/13 (Sun) 21:21 | EDIT | REPLY |  

のら  

まだむへ

おはようございます。
そうゆうことを覚悟して分かっていても
やっぱ悲しいわぁ。
互いを埋める空間の持ち分が少し増えて
これから迎える冬が、いつもより寒く感じる。

ありがとね。

2015/09/14 (Mon) 05:59 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。