窓辺の猫

にゃん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だけど今日は金曜日なの。

よく働き、よく眠るよい子です。

昨日は仕事の帰りに以前に働いていた職場で仲良くなったひととご飯を食べました。彼女もそこを辞めて他のラブホで働いていて、職場が近くなので会おうと思えばいつでも会えるのですが、私の長らくの無収入による金欠状態と(苦笑)、仕事に慣れるまで体力的・精神的に寄り道?がキツかったので、なかなか実現しなかったんだけれど、昨日やっと。

今の仕事は8時出勤なので、現地30分前に到着で一服したい私は起床5時、家を出るのは6時半。仕事が終わるのが17時。チーフ補佐といっても8~9割り方は肉体労働なので仕事が終わった途端に【体力・気力】という骨は抜かれます(ぇ)。帰りの電車で座れたら寝てます基本。

普段、ラインなどで連絡を取り合っているので積もり積もる話は別段ないんですけれど(笑)、やはり会うって楽しと思ふ。たわいもない会話だけれど、二人が醸し出す空気の中にお茶目な部分があって、それから互の許容範囲がわかっているので安心して笑えるなぁ。おかしくてお腹を抱えて笑っているときに、それが本当に久々だったことに気づいて、『ありがたいなぁ』と思った。だがしかし、お腹がいっぱいになっていくころに眠気が襲ってきてしまった。決してつまらなかった訳じゃないぞ。お子ちゃまなんだよ~、あたし。もう子供がえりが始まってるのよ。すまぬ。

あんまりこんなこと言わないけれど、二人して「去年の今頃がいちばん楽しかったねぇ」となった。もちろんそれは今が楽しくはないことの裏返しであることは間違いはないのだけれど、あの職場でそう思える時間や仲間と出合えたことは、あのような仕事のなかでの救いのようなものなのかなぁ。自分の過去に『思い出したくもない』時間があるって辛いもの。そうやって自分の歩きを納得させながら生きていくんだな。これからも。

そして大事なのはこれから。

散歩中の牛ではないけれど、少しずつではありますが慣れてきました。まだ半分にも満たないかもしれませんが(ぇ)。

面接のとき、面接は2度に渡って行われたんですけれどね、最初はチーフと。翌日は支店からチーフの上司がやってきて。補佐ではあるけれど、一応管理側に回るわけなのでそうなったんだと思うのですが、その時の談話のなかで、「仕事がいくら出来ても駄目なんです。結局は『人間力』が求められるんですよ。云々」と。どっから引っ張ってきたんだその言葉。そうゆうのは自分に求めるものじゃないのかのぅ…。と思たあたし。

あたしは隙間の人間になりそうですよ。また。笑


Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。