窓辺の猫

にゃん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうする、これ。

洗濯物を干す角形ハンガーってあるじゃない?
一人暮らしだから、大きいのが一つあれば事足りるのだけど、下着だけ干すような時は外に出したくないから部屋干ししようと思って、100均で小ぶりのハンガーを買ったの。もう随分前なんだけど。もちろん、大きいので足りない時には、同じようにベランダで活躍してくれているんだけど。

派遣の仕事をしているときだから、先月の今頃よ、そう今頃。仕事から帰ってきて洗濯物を取り込もうとすると、「ん?」「んん?!」ベランダにはおっきいハンガーはあるのですが、100均がおらへん。「え?え?…」とそこかしこ見る。下に落ちていないか覗き込む。もちろん念のため隣のベランダも、隣の一軒家の庭も。下の道路も。外にも出て、ベランダ側の道路は少し歩いて探してみた。どこにも無い…。

確かに、その日は風が強かったの。100均だから丈夫さは求められないけど、煽られて挟みの部分がポキッと壊れて飛んでいってしまったとしか考えられない。よくある光景としては、そんな洗濯物は、落ちていたそばの近くに引っ掛けられていることが多い。私もそんな迷子のような切ない洗濯物を目撃しては「あらあら、早く迎えにきて欲しいよねぇ」なんて思ったりしたものだ。だけどそれらはシャツ類の一枚だったりする。

その時は確か、大したモノは干してはいなかった。ある程度着古していて無くなっても惜しくないモノ?だとは言え、タンクトップなどは下着のような感覚なので、誰かに見られたというのは、かなりショック。その日は燃えるゴミの日だったので、ゴミとして回収されていたら、それはそれで安心するんだけどね。と思いながらも、2~3日は気にしていたけど、そのうちすっかり忘れてしまった。

昨日、仕事から帰ってくるとき、やっと自分のアパートが見えたので眺めながら歩いていた。アパートは道路から一軒ぶん高いところに作られているので私の住む二階部分は、三階にあたる。出窓に猫はいるだろうか、下の住人はいるのだろうか、などと、なぁーんとなくだけど。丁度アパートの真下に差し掛かったとき、電柱の横に何かが見えた。何かが引っかかってる。まさに通り過ぎようとしたそのとき、なんだか親身なものを感じた。もうお分かりかもしれないけれど、一ヶ月前、あたしの留守中に旅に出た、そっくりそのままのあたしの洗濯ハンガーだった。「ええ??!!」何で今更っ!

そう、そりゃぁ家に入れてやるかどうか躊躇したわよ。一ヶ月もどこで誰と合ってたのか見当もつかないし。怖いし嫌だわ。ほんとう、大したものはなかったので知らぬ存ぜぬで見捨てようかと思ったんだけど。だけどね…、内側に一枚だけパンツがあったんですよ(泣)。人目に晒されているのだけは耐えられない。ちょっと行きかけて、車や人の往来を確認して、サッとそこから取り外し、急いで持ち帰った。飛んでったまんまの状態でしたね。洗濯物に罪はなけれど…、「ごめんっ!もうウチのコにはなれないわ」いくらなんでも、不在が長すぎた。誰かの親切に感謝しつつ、とっても複雑な心境。

それにしても…、だお。
怖いわ。

Comment

マダム半世紀  

ショックかも~

今までは電柱のトコに無かったの?
結構風が強かったからね。
風でどこかの木に引っかかって、やっと庭の持ち主に気付かれて、晒された・・・とかかな~?(だったらいいね)^^;
それにしても・・・晒すのはなんだな。

そういえば、ウチの裏側(滅多に行かないから気付くのが遅れる)にも、洗濯モノが飛んでいる事がたま~にあったな。
ウチの裏側は軒数が少ないので、私は一軒づつ聞いてみたけど。

パンツもだけど、他のものも晒されるのはやっぱり耐えられない。
夜中にでも取りに行って、捨ててしまえ~

2013/03/27 (Wed) 10:46 | EDIT | REPLY |  

野良輔  

まだむへ。

はい。
少なくとも、その日の朝の出勤時にはありませんでした。
多分、お拾いになった方も、お困りでしたでしょう。
パンツに名前も書いてませんし(爆)、
そうするより方法が無かったのでしょう。
それにしても、一ヶ月も経ってだなんて…。
あ、夜中ね…。そうだったか…。笑
もう薄暗かったけど、やっぱ晒さてるのは忍びなかった。笑
「ごめん」と言って、捨てたお。
あんがと。

2013/03/28 (Thu) 09:37 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。