窓辺の猫

にゃん。

Archive: 2014年09月

スポンサーサイト

no image
 --, --

9月末日

no image
 30, 2014

あっと言う間に9月が終わります。ほんと、あっと言う間やった。そしてあたしの中に6ヶ月が過ぎた。もうずいぶん前からいる図々しさで(苦笑)ここ数日を過ごしている(んな訳ない)ただ、「楽しい職場にしたい」そう思っている。いろんな人がいるから、みんながみんな,そうは思わないかもしれないけれど、働く以外の余計なものや、感情の干渉、余計な関わりなど要らないひともいるかもしれないけれど、「あーあ、今日も仕事かぁ…...

音色

no image
 29, 2014

えー、詩を更新しまして、どうでもいいのですが、詩の内容、昔を思い起こして書いたものなので悲しいかな、私の私生活にこれと言った変化はありません。一応、一応ね(笑)断わっておかないと『おっ、ついに』とか…無いか(爆)まぁ、そんな人が現れるといいなぁ、っては思うけど。本当のこというとね、実際、まだ立ち直れていない。まだまだ時間がかかると思うけれど、それでも前を向いていたい。今だから書けることを書いて置きた...

「社長、Aが会社辞めるってよ」

no image
 21, 2014

私はこの職場で5か月目を迎えた。私の上司であるAが辞めた。・・・わたしのせいじゃないよ(笑)。『私が辞めたら困るでしょ?』と退職届を手に持ってチラつかせながら駄々をこねたら、『待ってました』と退職届を取り上げられて受理されちゃったという、こわーいお話し(居るんだー、今でもこんな人)。誰がって、予想外の出来事に本人がいちばん驚いたことでしょう。本人曰く「これはまさに外科的手術という苦渋の決断なんですけ...

no image
 16, 2014

コメント、ありがとうございます。お返事、お休みの日にゆっくりさせていただきます m(_ _)m...

柔らかさと遠さみたいなこと

no image
 14, 2014

叔母の葬儀のため、栃木に行っておりました。弟が私を迎えにきてくれたので車に乗り込み、助手席に座っている父とは、ひっさしぶりだったので「ご無沙汰してます」と挨拶をすると、一瞬『だれだっけ』みたいな表情で私を見たあと向き直ったのですが、もう一度ふりむいて「思い出してきた」と言いながら、また前を向きました(ぉぃ)たぶんね、知っているひとだと分かっただけで、『誰か』までは思い出していなかったんだと思う。(...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。