窓辺の猫

にゃん。

Archive: 2012年11月

スポンサーサイト

no image
 --, --

腹式呼吸

no image
 30, 2012

長かったね。やっとだね。丁度、去年の今ごろだったか現実は厳しかったね本当の厳しさはここからだけどきっとまただけど、前に進む(早いけど)この一年は忘れられない年になったいつまでどこまで見ていられるだろうなんてね。...

車窓から

no image
 29, 2012

通勤電車走る光眩しいのかそれとも本当に霞んでるのかウオークマン頼むよアゲて前へ前へ前へ時の何たるかを語る凡ての生命体あたしはどんな役だ今日...

だから今を納得したいんだ。

no image
 26, 2012

最近、『血』について考えるんだ。父がまだらボケになって、いろんなことが家庭内であって、今は孤立しているらしい。先日、弟とも話して、その大変さを知った。父が人として成るために、いままで培ってきたものが、そしてそれらのために自分の嫌な部分の性分とかを自制とか理性とかで封印していたものが、なだれ込んでしまって、そしてもう自分ではコントロールできないでいる。ほんとうに人が変わったみたいに。変ってはいないの...

猫のプライド、なんも無し。

 25, 2012

昨日、横浜は始終曇りで寒かった。あ、雨も降ったり止んだり。なので洗濯もせずに、いちにちDVDなどを見て過ごしていた。朝、ベランダを開けた記憶はなく、家を出たのは午前中のコンビニへの買い物の一回だけ。DVDといったらポテチやせんべいやら。失笑昼過ぎにちょっと昼寝して、また鑑賞など。ふと気づくと猫が集まってきていて、夕方5時が近いことを知る。少し早いかとは思ったけれど、猫にご飯。各々の皿に取り分けてい...

予報

 14, 2012

いま、調べているのは老人福祉のこと。おかげで自分が『先々、どんな施設を利用できるのか』とかいうことも分かり(笑)、ちょっと安心したりもする。死ぬことは免れないけれど、その前に老いと向き合わなくてはいけなくて、介護が必要となった老人ホームのことに触れていると、『介護予防』の大事さをしみじみ感じる。オイラのところで、または自宅で行き詰ったとき、比較的リーズナブルなカフェで仕事をする。すると、おばぁさん...

ぼそぼそ

no image
 10, 2012

あたしのばやいはメインは詩かなぁやっぱ他にやり続けること無かったもんなぁ実際とこころの食い違いが激しい今こそあたしは詩のなかに居るのかなぁ現実逃避したくて仕方ないからからからかな?現実は、厳しいのだ。鬼のように掃除、洗濯、終了。&持ち帰り仕事(やだやだ)。...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。