窓辺の猫

にゃん。

Archive: 2011年06月

スポンサーサイト

no image
 --, --

朝の遠足

no image
 28, 2011

ここは、どこだろう?本を読んでいる私は光に包まれた。顔を上げたわたしの目に飛び込んだのは青い空だった。ぼんやりと、くっきりと。地下鉄のホームに降りて直ぐ本を開いた。いま、とても気に入っている曲で鼓膜は震えていた。むっとした空気を押し出すように風が起こり、髪がふわっと開いて肩におりた。いつもより早い時刻表で地下鉄に乗って、それから席もある程度自由に選べて、わたしは決まったドアの側の端に座った。一本、...

no image
 27, 2011

少し歩きませんか?散歩っていうやつですわたしはもう少し笑っていたいな...

視線の先

 12, 2011

あ"っ!!...

深呼吸してから読み込に入る厚さです。

no image
 05, 2011

先日、いよいよ読む本がなくなって、購入した『見張り塔~』をバッグに入れ通勤を始めたノラですが、その日の昼に図書館から予約本が届いたというお知らせメールが入っていた。5冊ほど予約待ちなのだけれど、どれが来たのかはメールではわからない。ちょうどその日は借りていた『茨木のり子の家』(写真)という本を返すつもりでバッグは入れっぱなしの辞典も含め、これは朝、急いでいて単に出すのを忘れただけのことなんだけれど...

わたしは元気です。

no image
 02, 2011

きのうの朝、お弁当を作っているときに中指を切ってしまいました(苦)キャベツの千切りをしているときに。主婦歴20余年というのに、痛恨のミスを…。切るというより削いでしまった、というのか。午前中は血が止まらず何度もバンドエイドをつけかえました。仕事の帰りに医者に寄って、その消毒の痛いこと痛いこと。声は出しませんでしたが、身体じゅうで(ぅう…)と痛みを耐えました。先生は『こんなの私にとっては傷のうちに入ら...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。