窓辺の猫

にゃん。

Archive: 2011年02月

スポンサーサイト

no image
 --, --

相殺

no image
 28, 2011

カレンダーも破った。明日の準備、おっけー。詩も長き日々にくすぶっていたものとかを、しごく短編な三作でわたしは相殺した。大丈夫、素朴だが三編。これで終わりにしたい時の記憶。あたしはきっときっときっときっと、だいじょうぶ、なんだから!...

外人墓地

no image
 26, 2011

ゆるやかなカーブを描いた坂をのぼる重ならない記憶と眼下に広がる山の手からの横浜でもわたしの生活とはかけ離れて山手、下町、ただの横浜わたしはどこに住んでいるんだろう外人墓地フェンスから覗くエピタフわたしも骨が残っていたら何か刻んで欲しいな物静かな死を願って最後まで生き切るから最後くらいは物静かな死を墓標と墓標の間を猫が歩いているここが寝床?*追記、あります。...

アパートメント。

no image
 20, 2011

隣が引っ越してきた。半年くらい空き部屋で、変な気遣い無く過ごしていたのにまた壁越しの気配を感じながら過ごさないといけないと思うと少し憂鬱。どんな人かも分からないけれど、引越しの荷物を運び入れる音や話し声からするとまた若い人なのだろうか。男女、どちらかも今のところは不明。できれば女性がいいな。移動とか、就職とか入学とか、移動の季節なんだな。春が近いのだと。...

通勤読書は片道だけ。

 15, 2011

朝は雪道をザックザックと踏み鳴らして。天気予報で晴れるとは聞いていたけれど、帰りは『あれは冗談!』とでも言っているように道が笑っていた。道端の白いものが居心地悪そうで。私の長靴に『かたじけない…』といったかどうかは秘密。『倉庫』帰りに図書館に寄ってきましたが、お目当てのものはなく手ぶらで帰宅。自宅に帰り、もう一度検索したら『中央図書館』にしか置いてなかった。こればかりは予約でもしないと読めないなぁ...

ゆき。

 15, 2011

このくらいの雪でも横浜はノックアウト^^;今日は長靴で出勤だわね。平坦な道を択んで行ってきます。今日は帰りに図書館に寄ってきまーす。(坂道…だわ………orz)...

no image
 05, 2011

最近ね、仕事で酷使しているからなのかな、パソコンの画面を見ていると具合が悪くなるんです。記事を書いていると、なんだか揺ら揺らして。いくつか書きかけでリタイアとか。う~ん…。参ったなぁ。...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。